令和元年度戴帽式(准看護学科第59期生)

2019年11月27日

11月27日(水)熊谷市立文化センター文化会館におきまして、令和元年度戴帽式を挙行いたしました。この日戴帽式を迎えたのは、4月に入学し一定の基準に達した第59期生36名です。
ご来賓、保護者、また市内小学校児童の皆さんをお迎えし、盛大な式となりました。

誓いの言葉

私達59期生は、本日ナースキャップをいただき、看護の道を歩みはじめました。看護に関する正しい知識や技術を授けてくださっている諸先生方の教えを礎(いしずえ)として、これから更なる探求心を持って学び続けます。尊い命に携わる者としての自覚と責任を持ち、同じ志を持つ仲間を大切にします。患者さまとご家族の方々に寄り添える、熱心で明るく愛あふれる看護師を目指していくことを私達はここに誓います。

第1部 戴帽の儀

戴帽生によるハンドベル&トーンチャイム演奏

学校長式辞

来賓祝辞

2部 アトラクション

Trois Fleur(トリオフルール)ミニコンサート♪


マリンバ&サクソフォン&ピアノ
咲かそう!大輪の花 ~看護の夢に向かって~

令和元年度 戴帽生

戴帽式の挙行に際しまして、ご協力いただきました全ての皆様に心より感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

翌日の埼玉新聞に掲載されました

令和元年11月28日(木)