学校長あいさつ

校長あいさつ

 熊谷市医師会看護専門学校は、平成30年4月にそれまでの看護専門学校と附属准看護学校を統合し、看護学科と准看護学科をもつ新たな学校として出発しました。

 これまで、井埜利博前校長の下、ハード、ソフト両面にわたり、体制の整備にご尽力をいただいたところです。

 この度、伝統ある本校の校長に就任するに当たり、一言ご挨拶を申し上げます。

本校の教育目的は、看護学科においては看護に必要な知識・技術・態度を教授し、社会情勢に対応できる能力と感性豊かな看護実践者を育成すること、准看護学科においては看護に対する基礎的知識・技術と豊かな人間性を養い、地域医療に貢献できる准看護師を育成することです。

 また、本校は、かけがえのない人の生命(いのち)に携わる看護職を育てる学校であることから、心身ともにたくましく、心優しい、思いやりのある学生の育成を目標に、教職員と学生が一体となって温もりのある教育を推進したいと考えています。

 それには「生き抜く力」を身に着けさせることが大切です。また、社会生活においては規律やルールがあり、これらを守ることの大切さを教えていきたいと思います。

 最後になりますが、益々活気あふれる看護専門学校へと成長し、優秀な看護師・准看護師を輩出できるよう努力いたしますので、関係皆様のなお一層のご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。

 そして、学習意欲と向上心にあふれ、新しい時代の看護を担おうという熱意ある方々の入学をお待ちしています。

令和2年6月15日
熊谷市医師会看護専門学校
校長 佐藤 祐一

看護学科
048-521-3906
准看護学科
048-523-1020